ezomijikauta


by shiu57577

けっこんのうた

胸がこうきゅーんとなるね 結婚をしているだけで謝られると 

たまらなくうれしくなるの 結婚をしているだけであやまられると

そうだピノ! ピノ食べようっと そうしたら喜べるかもあの結婚も

結婚を喜べなくて着信も気付いてたのに2回無視した

鍛えよう 優しい目元になれるよう 結婚式で悟られぬよう 

面白いくらいに金がありません 僕と結婚してくれますか 

5キロならそうね早くて10日かな わたしと結婚してくれますか 

おなじ本うちの本棚にもあるよ わたしと結婚してくれますか 

カレーなら作れますって胸を張る君だからこそできた結婚
[PR]
# by shiu57577 | 2005-03-27 01:12 | まとめの短歌

ひとりのうた

嘘であれわたしひとりのためだけに作られたもの それは貴い

独り占めしたいくらいにいいもののような気がした きみのその嘘

ただひとりわたしのために作られたものは貴い それが嘘でも

一匹と一人ですけどそれなりに幸せなので邪魔しにゃいでね 

お母さん 怖いものなどもうなくて今日はひとりで飲んできたんだ 

居酒屋に女が一人文句ある? 中身は水だだまされるなよ 

今日もまたお一人様ですみませんガムシロは2ヶお願いします 

止まらない時計の音がうるさくて一人を感じる夜が来てます 

生きてるか死んでるかすらわからない北と南の一人同士だ

脇役の一人だという真実をそろそろ教えてくれませんか?
[PR]
# by shiu57577 | 2005-03-27 01:09 | まとめの短歌

わらいのうた

不可解な笑いの糸が結びつく どこかチープな家路を聞くと 

アヲハタの旗の数だけほほえみがあふれでてくるそんな朝です 

遠い過去引き込む少女の笑い声5時の家路がフラッシュバック 

何食わぬ顔で笑っているなんてほんとにほんとに腹立だしいよ 

鼻が出る 風邪じゃないかと思うほど号泣のあと少し笑った 

このように自信のなさは声のない笑顔で隠し続けてました 

すばらしい地球のくれた贈り物 乾く笑いへ湿った空気

笑いたいわけではないし無理してるつもりもないけど嘘をついてる 

どちらかといえば笑っているうちに気づいたらとかそんなのでいい 

アヲハタの瓶の数だけほほえみがあふれでてくるそんな朝です 

キューピーのCMみたいな色合いできょうもわたしは笑っています 

なんとなくわたしのことを思い出し苦笑いするあなたがみたい 

損得で笑いの色を変えた日はハーゲンダッツを食べたくなる日 

わかってる たぶんときっとの位置に立ち笑うわたしはあてにならない 

くちのよこ ぎゅーってあげてみた ねこの わらいがおみたいな あのひとの 

何事もなかったようにしてたよね 思い出しては笑える今は

気付いたら笑うことすら忘れてた今旅立つのを逃避というの?
[PR]
# by shiu57577 | 2005-03-27 01:04 | まとめの短歌

かなしみのうた

永遠を約束された悲しみをもつあの人はとても優しい

「カナシミニキヅイテクレテアリガトウ」 泣け泣け乙女よくできました

いつまでも語り継がれるカナシミを 眺めています遠くの方で

ただ単に日常だけを切り取った君の写真がひどく悲しい

いつまでも語り継がれる悲しみを! 期待しながら遠くにいます

悪いわね覚えてたのよ君の顔 悲しみがまだあった頃には

曇り空なまぬるい風歩道橋見下ろす景色 まだ悲しいや

悲しみもアイツもいつも突然でずぶずぶくるし痛いからイヤ

あの時はまだ悲しみがあったから覚えてただけ それだけのこと

教室の机に顔を埋め込み泣いていたのを思い出したよ

悲しみがあった時にはキミの顔覚えてたのよごめんなさいね

悲しみがなくなったときもうきみの顔なんて忘れてしまいました

カナシミのバロメーターは故障中 人に言われる いつも笑顔ね

母国語は確か一緒のはずなのにすれ違う言葉とても悲しい
[PR]
# by shiu57577 | 2005-03-27 01:00 | まとめの短歌