ezomijikauta


by shiu57577

カテゴリ:日記( 17 )

080216

Hana


お花をいただいた。
お別れの花ではない花を
いただくのはとても久しぶりな気がする。

わたしはいますこしのひみつを持っている。
すこし先の未来を知ってしまっているのだ。

だから、思わずその日のことを考えてしまい、
ひとりこっそりさみしくなった。

とてもきれい。
[PR]
by shiu57577 | 2008-02-16 23:19 | 日記

080203

まわりにはあたらしい輪が出来ていて過去は過去らしく過ぎ去っていく

またねっていったからにはまた会おう 月日は意外と弱いやつだよ
[PR]
by shiu57577 | 2008-02-03 02:40 | 日記

080125

モツを食べた。
だからあしたはぷるぷるであれ。
[PR]
by shiu57577 | 2008-01-25 00:34 | 日記

080117

来月、再来月と友人の結婚式が続くので、
キラキラしたものをいろいろ買い揃えている。
だんだんとゴールドものが好きになってきて、
普段使いのアクセサリーもゴールドばかりが気になる。

前髪を作って、
ボブにパーマをかけたら往年の聖子ちゃんのようになってしまった。
それはそれでたのしい気分ではいるのだが、
はやくなじむといいと思う。

それにしても今日はひどい寒さだった。
最高気温が-4℃。
肌がぴりぴりしてずっとつまさきが冷たかった。
そんな日に限って朝から遠くで講習会。
とにかくおなかに入れないとと歩きながら食べていた
小倉&マーガリンのマーガリンが瞬間的に固くなって、
まるでバターのようだった。それはそれでおいしかったので、
あすもまた買おう。

資格を取りに行っています。
[PR]
by shiu57577 | 2008-01-17 23:39 | 日記

080113

経験と情に流されたというわけではない。
これがたぶん覚悟。

しっかりと芯を持ち、
ぱらぱらと抜け落ちたところをひろってうめて
ひろってうめて。
そうするうちに同化してゆく。
[PR]
by shiu57577 | 2008-01-13 20:43 | 日記

080112

もう腰が重たくなった。
逃げるようにして去る。
向き合うことを恐れる。
[PR]
by shiu57577 | 2008-01-12 21:34 | 日記

071211

「病んでるね」と近頃飲むたび人に言われ、
こんなに愚痴ったことがないくらい愚痴ってた。
ああ嫌だ!と思うことも次々と回復の兆しを見せ、
うむ、抜けた感じ。

2連休のはずが実は3連休で、
今日はなにをしていたかといえば、
昼からキャベツをニラを沢山入れたもつ鍋を食べ、
犬とごろごろ。

昨日街を見て歩いたけれど、
とりわけ欲しい物がなく、
でも駐車券のはんこは押したいので、
むりやり買ったものは本。しかも雑誌とか。
日経ウーマンとか。
OLですもの。
[PR]
by shiu57577 | 2007-12-11 17:21 | 日記

071204

だいじ、と思えることだけに、
ぐっと集中して目を向けてみる、
というのがいまの決意。

くろいものもいまならはじきかえせる。
だいじょうぶ、ぴんぴんしてる。
まっしろな空間に立った。
ちからづよく目や心から入ってきたものが、
ぐわっとだけどふんわりと
からだを包み込んでくれている気がする。

會本久美子さんの個展に行った、
からだとおもう。

おおきい。
とおくをみている。
だからいろんなちいさなことはほんとうにちいさくて
くすりとわらってしまう。
いい時間だった。

みたいと思っていたものをみることができたり、
聞きたいと思っていることを聞くことが出来たりしているきょうこの頃。
恵まれています。
[PR]
by shiu57577 | 2007-12-04 00:49 | 日記

071122

「ツバキホール」でお食事。
ワインに合うお料理。美味しかった。
デザートも。
栗のムースにキャラメルアイス。

気がつけば終電逃し、漫画喫茶に行くことにした。
雑誌大量と「恋空」を読んでみようと持ち込み、
上巻の最後の方まで読むも、
乏しい文章力や内容もなんだか浅はかで、
眠くなったし読むのを止めた。
ひどい本だなぁと普通に思ってしまった。
主人公の考え方の幼さについてゆけない。

スピッツ聴きながらバスに揺られ、
雪山をのぼって帰宅。

ごはんになめたけのせて、
生ハムで巻いて食べる。
朝ごはん、しみじみとからだにしみわたる。

階段に置いておいたニット帽のボンボンを
犬がわざと咥えて見せびらかしている。
途端にがっかり。そしてぐったり。
[PR]
by shiu57577 | 2007-11-22 13:17 | 日記

071115

犬の抱きつき方がまるでスヌーピー。
奴がチャーリーブラウンと抱き合っていたあのイラストも
ありえることなんだなぁと抱きつかれる度にしみじみ思っている。
自分の手をわたしの首のうしろに持ってくるのだ。

用があって街に出た。
テーブルランプがずっと欲しいなと思っていたので、
今日こそ買おうと探していたら、
ようやく気にいったのを見つけた。

丸善で漫画買い込み。
やまだないとと渡辺ペコと浅野いにお。
カフェで読んで帰ろうと思ったけれど、
行きたいと思えるカフェがその近辺になくて愕然とした。
不景気極まりない街。
ないのだったら作ればいい、
そんな風にわたしも言いたい。

買っておいた伊坂幸太郎の「チルドレン」にも手を出す。
化粧をする前に読み始めたから、
うっかり今日も引きこもるところだった。

初雪降る。
昨日買った日本酒をまた飲む。
ちょっと高めの吟醸はあたりまえのようにおいしくて、
全然酔うことが出来なかった。

お世話になった「かんたん短歌blog」が休業宣言。
きっとなにかがあったんだろうなと察し、悲しい。
せっかく木村比呂さんとかの名前を久々にお見かけし、
よろこんでいたばかりだったのに。
でもそれ以上に枡野さんがいろいろ嫌な気持ちになっているのであれば、
それはもう仕方のないこと。
枡野さんのこころがどうか穏やかでありますように。
いつも自分に言いきかせるのは、
もともとあの場所は3ヶ月で終わるはずだったということ。
いろんなことが幸福すぎたのだ。
わたしたちにとって。
だから、ときに平和ぼけする。

なんて思い込もうとも思ったけれど、
原因を作ったどこかの誰かに怒りの気持ちでいっぱい、
というのが本音。
他人が不快に思っているようなことばを吐く人を、
しかもそれをあえてするような人を、
わたしはいまだに理解出来ないところがあって、
見えないだけに性質が悪いなとつくづく思う。

少なくともわたしはこの突然の休業宣言になんだか悲しい気持ちになった。
そんなひとがいることを重く受け止めるべきだ。
そのひとは。
[PR]
by shiu57577 | 2007-11-16 01:33 | 日記