ezomijikauta


by shiu57577

かなしみのうた

永遠を約束された悲しみをもつあの人はとても優しい

「カナシミニキヅイテクレテアリガトウ」 泣け泣け乙女よくできました

いつまでも語り継がれるカナシミを 眺めています遠くの方で

ただ単に日常だけを切り取った君の写真がひどく悲しい

いつまでも語り継がれる悲しみを! 期待しながら遠くにいます

悪いわね覚えてたのよ君の顔 悲しみがまだあった頃には

曇り空なまぬるい風歩道橋見下ろす景色 まだ悲しいや

悲しみもアイツもいつも突然でずぶずぶくるし痛いからイヤ

あの時はまだ悲しみがあったから覚えてただけ それだけのこと

教室の机に顔を埋め込み泣いていたのを思い出したよ

悲しみがあった時にはキミの顔覚えてたのよごめんなさいね

悲しみがなくなったときもうきみの顔なんて忘れてしまいました

カナシミのバロメーターは故障中 人に言われる いつも笑顔ね

母国語は確か一緒のはずなのにすれ違う言葉とても悲しい
[PR]
by shiu57577 | 2005-03-27 01:00 | まとめの短歌